ラノベワナビの黒甜楼攻略雑記

ラノベワナビ(自称)が、いずれインディーズ電子書籍を出版したいブログ

小説制作記_②ジャンル,テーマ_H30/8/19

はいどうもラノベワナビです。

 

小説製作記第二回始めていきたいと思います。

 

前回は小説のアイデアを構築していく作業を行いました。

今回はアイデアを元に物語のジャンルそしてテーマを決めていく作業についてまとめていきます。

 

まずはテーマです。

小説執筆指南品などでは、割と著者によって定義がぶれているように感じるテーマですが、私のブログにおいてはテーマとは次の三種類の概念からなるものとして定義したいと思います。

 

①小説で実現したい状況

②小説で表現したい感情

③小説で主張したい意見

 

それぞれについて例と執筆中の小説における該当テーマを挙げると、

①は物語の中の世界で発生させたいシチュエーション、例えば窮地に陥ったヒロインを助けるとか、圧倒的な力を持って無双するとかに相当します。

今回の小説で言えば高い技術力を持ってそうな生活の中で必要に迫られて技術チートを行う事が該当し、概ね事前に考えたアイデアは私の場合ここの部分であることが多いように感じています。

 

②は物語の中で読者に感じさせたい感情です。例えば大成功を収めて得意満面になるとか、ヒロインの気持ちが分からなくてドキドキするとかに相当し、感情を揺さぶるための装置である小説にどのような感情を出力させるかを決めます。

今回の小説で言えば未知に取り囲まれる不安。元いた場所には戻れないという絶望。そして、ここでも生きていけるという希望。さらには、成功を目指す決意とか成功した時の喜び、そして何より仲間との楽しさを表現することにしました。

 

③は物語を通して主張、あるいは提案したい意見に相当します。抽象的な例を挙げると、たとえばこんな生き方はどうだろうか、人はこの世に生きるべきであるという意見だったり、あるいは人生で大切なのは勇気と思いやりの心であるなどと言った意見が相当します。物語はこの意味におけるテーマに沿って展開し、私はこのテーマこそが物語を他の何よりも先導するものであると考えています。また、最も一般的なテーマの定義はこの③であることが多いように思います。

小説を読む前にこれが分かってしまうと興ざめなので、今回の小説におけるこの”テーマ”は伏せておきたいと思います。

 

以上、テーマを3つの観点から分類して、執筆中の小説についてそれぞれテーマを設定しました。

 

正直、どのように決めたのかと言われると、、テーマに関しては自分がそうしたかったからとしか言いようがないと言いますか。

前回のアイデアもそうですが、この辺りは公式を使って正解を導き出すというよりも、どのような問題に取り組むかを自らのセンスに基づいて決定する段階であるので、あまり手続きを定量化できるものではないという風に思います。

 

ともあれ、今回はこのような概念があることを認識したうえで検討し、内容を決定しました。




次にもう一つ、物語の”ジャンル”を決定します。

 

私はジャンルに関しては 、ブレイク・スナイダ―氏による脚本の執筆指南本である

”SAVETHECATの法則”という本にかかれた物語のジャンル分類を利用しています。

同書では、映画の”ストーリー展開”に着目したジャンルの分類分けをしていて、どの物語もベースは10の分類のどれかに当てはまると主張しています。

物語をジャンルで分類してしまうと、いかにもテンプレ的な物語しか書けなくなるような気がしてきます。しかしスナイダーは、この段階で自分の物語のジャンルを認識しておくことで、むしろ自由に自分の物語を発展させられるようになると考えており、私もこの段階で類型化されたジャンルから1つを選ぶようにしています。

 

ちなみに、今回の小説で採用したジャンルは”魔法のランプ”でした。



さて、以上が小説制作記第二回、テーマとジャンルに関する手順のまとめでした。

 

今回挙げた”SAVETHECATの法則”もそうですが、私の執筆戦略は多くの部分で先人たちの指南本に基づいておりますので、今後も同様に紹介していきたいと思います。


 

小説制作記_①アイデア出し_~H30/8/19

どうも、ラノベワナビです。

 

前回宣言したとおり、現在制作中の小説について製作記録をまとめていきたいと思います。

今回は最初に行った手順。すなわちアイデア出しについて、私が辿った過程をまとめていきましょう。

 

 

以下、制作を始めた私のアイデア出し過程。

小説制作の手始めとして、やっぱりどんな小説にするか考えないといけないので、一番最初に行う作業は、どんな小説を書くか考えることになるでしょう。

 

では、自分が書きたい小説とはどんなものなのだろうか……?

それはもちろん、異世界転生!!技術チート!!俺TUEEEE!!

 

舞台は……?

それはもちろん、中世ヨーロッパ的な感じ!!

魔物がいて、ダンジョンがあって、冒険者的な存在も欲しい。

 

まぁこの辺りは当然でしょう。第一作という事でTheなろうの様式をバンバン踏襲していきましょう。

古典的なテンプレートでは、現実でトラックに轢かれた主人公が転生して、チートスキルをもらって、レベルを上げながら知識や技術で大活躍をするというのが一通りの流れですが、さすがにそれでは味気ない。

なにより、そういう話ではもう自分が満足できないから小説を書こうと思ったわけで。

 

では、これに替わるアイデアを考えないといけない。

どこか遠くの誰も知らない世界に行って、そこは危険がいっぱいで、主人公は強大な力を持っていて、それを現地民に見せつけて大活躍。主人公は冒険を通して自由で独立した人間に成長する……そんな話を書くためのアイデアを。

 

しばらく悩んでいた私ですが、ある日突然これは良いと思えるアイデアを思いつきました。

きっかけは、秋葉原にある”武装商店”というお店です。

店内では模造刀からマスケット銃のモデルガン、果てはドラゴン殺しなど様々な武器を取り扱っていて、ある界隈では有名なお店だそうで。

 

もしも、武装商店異世界のダンジョンの近くで営業していたら?

これが今回のアイデアの出発点となりました。

 

(最初のアイデア

・主人公は武器や道具を作る何らかの力をもって異世界にやってきた。

異世界で店を開いて冒険者から素材を買い取り、代わりに武器を渡す。

 

ですが、このアイデアにはいくつも疑問点が存在します。

疑問.1:武器や道具を作る力とは?

疑問.2:どうやって異世界に来た?

疑問.3:店を開く理由は?

 

今度はこれらの疑問に答えるアイデアが必要です。

ここでもしばらく悩みました。特に、異世界転移を行うための方法論が神様以外にうまく思いつかない事が一番の問題点でした。

 

これを解決するために異世界転移についてどんなパターンがあるのか調べましたが、そこで使えると思ったのが、スペースオペラの古典ともいわれる”火星のプリンセス”です。

内容を読んだことはないのですが、Wikipediaによると、主人公が火星にトリップして現地で冒険するといったあらすじだそうです。

ここで重要なのは、はるか遠くの惑星に転移するというアイデアです。つまり、元の生活圏と隔絶した場所に移動したらそれはもう実質異世界転移なのではないか?というアイデアです。

 

このアイデアを導入すると先ほどの疑問にすっきり答えられる回答が得られました。

すなわち、

 

疑問.1:武器や道具を作る力とは?

解.未来の工作機械や3Dプリンター。魔物の素材を原料にして機械を作ることができる。

疑問.2:どうやって異世界に来た?

解.ワープ航行中の事故によって飛ばされてきた。

疑問.3:店を開く理由は?

解.宇宙船を直すための素材を、効率よく現地の住人に集めてもらうため。

 

従って、この時点でのアイデアは次の通りです。

 

(第二のアイデア

・主人公は宇宙船乗り。ワープ中に事故があって、工作機械などをもったまま技術が中世レベルの惑星に不時着した。

・主人公は宇宙船を直すため、異世界で店を開いて冒険者から素材を買い取り、代わりに武器を渡す。

 

さらに、僕はドラゴン転生とかも好きなので、できれば主人公は人間以外の何かになってもらいたい。出来れば、どんどん自己強化して強くなっていくような要素も欲しい。

ここまでに組み立てたアイデアとこの制約を前提に、何かいいアイデアはないかと考えた時、”煉獄”という昔あったpspのゲームを思い出しました。

そのゲームは人造人間が敵から奪った部品で自分を強化しながら塔を登っていくというゲームでして、異形かつハック&スラッシュの要件を大いに満たしているわけです。

 

そして、この着想を利用するために関連するいくつかのアイデアを調整した結果。

主人公は不時着のショックで冷凍睡眠から戻れなくなり、意思による遠隔操作で船外作業用のロボットを操り、中世ファンタジー世界を冒険していく。というアイデアに帰結しました。

 

以上の過程をたどって、 

最終的にアイデアをまとめた物語のコンセプトは次のようになりました。

 

(最終的なコンセプト)

未来の宇宙船乗りが未知の惑星に不時着して、目覚めると機械の体だった。主人公は自分を改造しながら船と本来の肉体を直す資源を手に入れるために、惑星の中世ファンタジー世界で戦う。

 

出発点としては上々だと思います。後の作業で変更や修正はどんどん加えられるべきではありますが、物語の方向性はこれで固まりました。

 

イラスト練習記録_中世ファンタジー軽装冒険者

はいどうもラノベワナビです。

 

前回、小説制作記を一つの軸にして行くと言いましたが、今回の更新はイラストの練習記録になります。

……別に小説の制作に行き詰まったわけではない。

 

早速、今回書いたイラストはこちら

 

f:id:kokutenrou:20180828224459p:plain



大体、2~3時間で描きました。

今、制作を進めている小説が一般的な中世ファンタジーワールドを舞台として考えているので、イラストのコンセプトは”中世ファンタジーの軽装冒険者”にしました。

 

デザインとしては、生成りのチュニックに大きな革のベルト?を巻いているのがメインの特徴で、荷物を搭載するために肩掛けかばんを装備するほか革ベルトには鋲で留めた金具がついていて、ナイフやポーチを下げることができるようになっています。あと、下草の生い茂った道を歩くために靴はニーハイブーツです。

 

ベルトで最低限腹部を守って後は私服って感じの軽装具合が個人的に好きです。

軽装、廉価、量産型……好き。

 

さて、練習記録なので絵の出来に関する自己評価をしていきますが……

まあ正直、今の私のレベルからすれば十分及第点だと思います。

手とブーツ部分は完全に力尽きてしまいましたが、私の使える限られた技術をうまく流用してシンプルにまとまったように思いますね。

 

どばどば見えてきた課題点としては、

・手をうまく書けない

・髪の陰影の付け方がよくわからない

・表情の仕組みが全然わからない

・斜め以外のポーズ、立ち絵以外の経験値が低い

 

等々。

 

ともかく、これからはイラストの練習記録も上げていこうと思います。

週に1回くらいの頻度が目標です。

二度目の更新

どうもラノベワナビ(自称)です。

2回目の更新ですね。

 

ブログを作成してから数日。私は早速、小説の執筆に着手しました。

果たしてこれがブログによる督戦効果なのかなんなのか。ともかく、ぐんぐんやる気が湧いてきて現在プロットを作成中です。

 

なので、当面は現在執筆中の作品の完成を目指して活動し、作品が完成したならば”小説家になろう”に投稿したいと思っています。

 

さて、私はこの数日間、執筆は進められているものの、新たに湧き出したもう一つの問題に悩んでいました。

それはつまり、始めたはいいがブログに投稿するコンテンツをどういったものにしようか、という悩みです。

 

出来ればブログの更新を継続して、その督戦効果を維持したい。

かといって、今初めて小説を書こうというのに、いったい俺が創作の何を語れるというのだろうか。

創作以外の内容はどうだ?

日々の日記?食レポ?ゲームレビューとか?もうそれはラノベワナビ関係ないのでは……。

 

そういう堂々巡りを何度かやった結果、

 

せっかくの執筆初心者であることを活かそうという考えに行きつきました。

つまり、ズブの素人が執筆に伴って思ったことや感じたこと、そしてうまくいかなかったことやその解決法などについて記事にしていけば、将来自分で見返す時は便利だし、いつか同じような誰かの役に立つのではないかという理屈です。

 

ですので、本ブログの方向性として 、

執筆初心者の小説制作記を一つの軸としてやっていこうと思います。

 

他にもいずれは、ファンタジー的な要素についての考察であったり、自分が学習した執筆のためのテクニックであったりをまとめて記事にしていけたらいいなあ……。

 

 

あ、イラスト練習とかは進んでないです。

初記事:ブログと私の自己紹介

初めまして、ラノベワナビ(自称)です。

このブログではライトノベルを執筆して、イラストを描き、電子書籍として出版することを大目的として活動していこうと思います。

 

我ながら結構な目標を掲げたつもりですが、さて、そんな私の実力はどの程度なのかと申しますと……

 

電子書籍の知識、ナシ!w

小説執筆経験、ゼロ!w

イラスト、コレ↓!w

 

f:id:kokutenrou:20180818223524p:plain

 

ええと、なんなのキミは?

はい、ラノベワナビ(自称)です。

 

 

まあまあまあ、いいんですよ。誰だって最初はこんなもんです。

折角なので、こんな素人がどうしてラノベを書こうと思ったか説明していきましょう。

 

そもそもの発端は3年前、夏の事。

私はライトオタクとして日々を過ごしていたわけですが、いまいちのめりこめるコンテンツがなく悶々としていたところ、とあるサイトと出会ってしまったのです。

 

そう、”小説家になろう”と。

 

一目見ただけで、なろうが私のような人間に対して強い中毒性を発揮することを看破した私は、それからというもの寝食を忘れてなろうを読み耽り、そして思いました。

 

俺だったらここはこうする。もっとこうしたほうがいいのに。なんでそんなことを……

オ レ モ カ キ タ イ。

 

ノウハウコレクターの気がある私は、早速とばかりにネットで小説の書き方等々と検索して執筆指南本を購入。

三幕構成、なるほど

テーマとコンセプト、なるほど

キャラクターとシーン、なるほど

そして、3年があっという間に過ぎていき……気づきました。

 

小説書いてないじゃん。

 

そう、あろうことか私は3年も費やして一本も小説を書いたことがなかったのです。

これではいかんと思い立ったのがつい先日。

私は日々の活動をまとめるノート兼督戦装置としてブログを始める事にしたのでした。

 

というわけで自分に発破をかける意味もあって、冒頭のような大目標を掲げましたが、まぁ、まぁね……ディレッタントのやることなんで大目に見ていただきたい。

 

実際、当面の目標としては、

なろうに自作小説を投稿!!

絵を描いてはブログあるいはpixivにupする!!

で楽しくやっていこうと思っていますので、

 

なんにせよ、今後ともよろしくお願いします。